//自社サイトのタグの設置//

筋肉痛が次の日に来るのはなぜ?その原因は〇〇!!

こんにちは、トレーナーの雄太です。

早速ですが問題です。

筋肉痛がトレーニングをした日ではなく、翌日以降に遅れてなるのはなぜでしょう?

せっかくなので少し考えてみてください。

①運動によって発生した乳酸が翌日までたまっているから

②炎症反応に時間がかかるから

③運動直後は興奮しアドレナリンにより麻痺しているから

答えはです。

 

筋トレ後の筋肉痛は筋肉の微細な損傷を与えているわけですから。軽度のケガと同じです。

この損傷部位を修復する際に炎症反応が起きます。そしてこの炎症反応の進行は時間がかかるため、筋肉痛が翌日に起きるわけです。

ケガをした部分が後から疼くのと同じ反応です。

また、筋肉痛は炎症の程度を表しているわけですから、筋肉痛の度合いによって修復にかかる時間も変わってきます。

筋トレで同じ部位をトレーニングする際は2,3日におきに行うとよいとされているのは炎症反応が一般的に48~72時間とされているからです。

前回の記事で超回復の説明をしましたが、筋肉を修復させる休養時間はとても重要です。

また、①の回答ですが、乳酸はトレーニングによって発生しますが、30分ほどで代謝されて無くなります。

③の回答においても同様で1日も続くものではありません。

 

当ジムでは毎週火、木、土曜日にブログにて、月、水、金曜日はInstagramにて

ダイエットや健康に関する情報をお届けしておりますので、

ぜひお役立てください。

パーソナルトレーニングジムYBM-club

関連記事

  1. 駅近!!上本町駅から徒歩1分のパーソナルジム

  2. ダイエットに必要なのは気持ちよりも〇〇!!

  3. 【家トレ】自宅でできる横腹トレーニング5種目 まとめ

  4. 免疫力を上げる食べ物とサプリメント

  5. いまさら聞けない“超回復の原理”って何?

  6. 祝! 1周年!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。