//自社サイトのタグの設置//

体脂肪の役割とは?過剰なダイエットにはリスクがある?

こんにちは、トレーナーの雄太です。

今回は体脂肪についてご説明していきます。

 

体脂肪の役割は何でしょう?

①ホルモンバランスを保つ

②エネルギーの貯蓄

③運動時の体温上昇

 

 

正解は②!!

では解説していきます。

 

体脂肪の働きは3つあります。

1つ目は体の外からの衝撃を和らげるクッションの働き。

2つ目は体温を維持するための保温の働き。

そして3つ目が今回の回答でもあるエネルギーの貯蓄です。

 

エネルギーの貯蓄というのは言い換えれば脂肪の貯蓄なので、ダイエットしたい方には余計な働きの様に思うかもしれませんが、実は生きる上で非常に重要な働きです。

糖質も筋中にエネルギーとして蓄えられるのですが、カロリーにして2000kcal程度で、1日分の消費エネルギーにも満たないのです。

それに対して10kgの脂肪(参考に男性の体重が60kgで体脂肪率が20%だと12kg、女性の体重が50kgで体脂肪率が25%だと12.5kg)で約72000kcalものエネルギーになります。

約1ヶ月分もの消費エネルギーになりますね。

この貯蓄エネルギーの働きのおかげで飢えを凌げるわけです。

とは言え、脂肪が付き過ぎると自分の体を支えるだけの筋肉が伴っていないと、膝や腰を痛める可能性があるので、脂肪を蓄え過ぎないようにしましょう!

 

当ジムでは毎週火、木、土曜日はブログにて、月、水、金曜日はInstagramにて

ダイエットや健康に関する情報をお届けしておりますので、

ぜひお役立てください。

パーソナルトレーニングジム YBM-club

体験トレーニングのお申し込みはこちら

関連記事

  1. 諦めないで!今は太っているけど、実は痩せやすい人の特徴5選!…

  2. 子供と一緒にトレーニング♪家族で楽しくトレーニングをしよう!…

  3. プロテインの種類と飲むタイミング

  4. トレーニング前の入念なストレッチは逆効果?

  5. 皮下脂肪と内臓脂肪ではどちらが付きやすいのか?

  6. タバコは筋肉にとって〇〇!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。