//自社サイトのタグの設置//

そのトレーニング、本当に自分にあってる?

そのトレーニングは本当に自分に合ったトレーニングなの?

こんにちは、トレーナーの雄太です。

今回はトレーニングの個別性についてお話していきます。

個別性の原則について

トレーニングにおいてトレーニングの5大原則というものがありその中に“個別性の原則”というものがあります。 

 

“個別性の原則”とは、「個々人の能力・身体特性に合わせてトレーニングを行うこと」という原則です。

つまり、他人が効果が出たトレーニングを真似して同じように行っても、同じような効果が得られないことはよくあります。

自分に合ったトレーニングを行う必要があるのです。

では、トレーニングメニューを作成するにあたって、個別性とはどのようなことを考慮する必要があるのでしょうか?

個別性について考慮する項目

①目的

②年齢

③性別

④身長・体重・体脂肪率

⑤血圧・既往歴

⑥運動経験

⑦運動頻度

これで全ての項目というわけではありませんが、最低でもこれぐらいは考慮してトレーニングメニューを作成する必要があると思います。

例えば20歳の男性と60歳の女性が同じトレーニングをしても同じ効果は得られませんし、無理が生じるでしょう。

そこでその人の個別性を考慮してトレーニングを行う必要があるのです。

あなたは自分に合ったトレーニングを行っていますか?

もしそうでなければ、一度トレーナーに相談してみることをお勧めします。

いかがだったでしょうか?

パーソナルトレーニングジム YBM-clubでは毎週火、木、土曜日に

ダイエットや健康に関する情報をお届けしておりますので、ぜひお役立てください。

体験トレーニングのお申し込みはこちら

Instagramのフォローもお願いします

関連記事

  1. “回数”、“重量”、“意識”で最も重要なのは?

  2. 忙しい人のための超効率的トレーニング法!!

  3. 短時間でしっかりと、筋肉を追い込みたい人におすすめのトレーニ…

  4. トレーニングメニューってどうやって作るの?

  5. 今更だけど、インナーマッスルって何?

  6. 30代も50代も同じトレーニングで大丈夫と思ってない?年齢別…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。