//自社サイトのタグの設置//

トレーニングは1人でできると思ってない?意外と知らないパーソナルトレーナーの必要性!

トレーニングは1人でできると思ってないですか?

 

 

こんにちは、トレーナーの雄太です。

今日はパーソナルトレーナーの必要性についてお話ししていきたいと思います。

 

 

表題に挙げましたが、パーソナルトレーナーって必要と思いますか?

「今時はYou Tubeでもトレーニングの仕方を学べるし自分でできる」と思っている人も多いはず。

確かにトレーニングのやり方などは調べればある程度はできるようになると思います。が、それがあなたにとって目的に合っているのか、またまた、正しいフォームでできているのかは自分で判断する必要があるのです。

そしてもし、間違っていても誰も修正してくれないので、負荷が脆いところにかかっていて怪我をしてしまうかも知れません。

我流ではそういったリスクもあるのです。

 

 

パーソナルトレーニングのメリット

①安全度が高い

②自分の目的に合ったトレーニングが行える

③効果が出るのが早い

トレーナーがメニューの更新をしてくれる

⑤飽きない

⑥他人の目を気にせずトレーニングに集中できる

⑦自分のペースでトレーニングができる

 

 

少し具体的に説明していきます。

①安全度が高い

トレーニングフォームをトレーナーがチェックするので、怪我のリスクが減少します。

トレーナーが補助につくので、力尽きた時や、フォームが乱れた時にも怪我がないように補助してくれます。

 

②自分の目的に合ったトレーニングが行える

トレーナーがカウンセリングによってしっかりとあなたのことを理解し、目標から逆算して計画し、あなたに目的に合ったトレーニングメニューを作成してくれます。

 

③効果が出るのが早い

1対多数ではなく、完全個別性のパーソナルトレーニングでは、あなたの目的や体力、筋力などを考慮し、効率的にトレーニングプログラムを行うことで、最短で効果を得ることができます。

 

トレーナーがメニューの更新をしてくれる

どれだけ良いトレーニングメニューでも体が慣れてくるとプラトーになり、効果が向上しなくなります。
しかし、トレーナーは過去のトレーニングを記録し、それらを考慮して常にトレーニングメニューを細かく更新してくれます。

 

飽きない

トレーニングを1人で行う場合、モチベーションが下がったり、飽きてきたりしますが、トレーナーと一緒に行うことで、自身のトレーニングによる成長や、新しいメニュー、トレーナーの励ましや檄によって高いモチベーションを維持することができます。

 

⑥他人の目を気にせずトレーニングに集中できる

完全個室のパーソナルトレーニングでは、トレーナー以外誰もいないジムでトレーニングができるので、現状の体型が気になっている人や、ひっそりと痩せたいなんて人も、他人の目を気にせずにトレーニングに集中できます。

フィットネスクラブだとつい知り合いに話しかけられたりなどはよくあることなのです。

 

⑦自分のペースでトレーニングができる

完全個室でないジムの場合、他の人がマシンを利用している場合、空くのを待つ必要があったりします。

しかし、完全個室のジムでは全てのマシンを自分のペースで利用できる上、セッティングはトレーナーがしてくれるので、インターバルはゆっくり休んで集中力を維持できます。

 

他にもメリットはたくさんあるのですが、デメリットについても説明していきます。

 

 

パーソナルトレーニングのでメリット

①料金が高い

②出会いがない

 

まぁ、パーソナルトレーニングのデメリットというより、フィットネスクラブと比べてのべメリットになります。

①料金が高い

これに関してはまず、セッション中のトレーナーとジムのスペースを1人で独占していることに加え、トレーニング時間外でもトレーナーがあなたのためにメニューの作成や目標達成までのプランニングなどに時間を費やしてくれていますので、ジムに行ってセルフでトレーニングを行うフィットネスクラブより料金が高くなって今います。

  

しかし、ダイエット目的でフィットネスクラブに2年通って10kg痩せたっていう人はあまりいませんが、

パーソナルジムに2ヶ月通えば10kg痩せることも可能でしょう。

では、かかった時間と料金は?

月会費が1万円のフィットネスクラブに2年間通った場合だと24万円。

パーソナルジムに2ヶ月通った場合だと15~25万円。

料金に振れ幅はありますが、時間はかなり節約できるはずです。

  

  

②出会いがない

フィットネスクラブでは運動好きな人や健康意識の高い人が多くいるため、共通の趣味を持つ人達との出会いもあります。例えばクラブが主催のサイクリングイベントに参加することでサイクリング仲間ができることがあります。

この点だけはパーソナルジムでは補えませんが、違うパーソナルジムに通ってるお友達と情報交換などをしてお話しするのも楽しいかも知れません。

  

  

現在のジムでは大衆ジムであるフィットネスクラブをはじめ、 無人ジム、24時間営業のジム、通い放題の月会費制パーソナルジム、マンションの一室のマンションパーソナルジム、完全個別担当者制のパーソナルジムなど、色々な形態があります。

どれもメリットとデメリットがあると思いますので、必ず体験をして自分に合ったジムを探しましょう!

  

  

   

いかがだったでしょうか?

パーソナルトレーニングジム YBM-clubでは毎週火、木、土曜日に

ダイエットや健康に関する情報をお届けしておりますので、ぜひお役立てください。

体験トレーニングのお申し込みはこちら

Instagramのフォローもお願いします

関連記事

  1. 自転車通勤はトレーニングになるのか?

  2. トレーナーがどんどんトレーニングの内容をキツくするのは嫌がら…

  3. 筋トレでつけた筋肉は使えない筋肉?マッチョのほとんどは“見せ…

  4. “回数”、“重量”、“意識”で最も重要なのは?

  5. 今更だけど、インナーマッスルって何?

  6. 30代も50代も同じトレーニングで大丈夫と思ってない?年齢別…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。