//自社サイトのタグの設置//

初心者が間違えやすいトレーニングにおけるNG行為3選!!

実はあなたも間違ってない?

初心者が間違えやすいトレーニングにおけるNG行為3選!!

  

こんにちは、トレーナーの雄太です。

トレーニングにおけるNG行為

①筋トレを毎日やる

筋肉を成長させるには超回復の原理をしっかり理解する必要があります。

超回復の原理を簡単に説明すると、筋トレで筋肉にダメージを負わせ、栄養をしっかり摂った上で、休養させることです。

筋肉の大きさやトレーニングの負荷にもよりますが、筋肉を効率的に成長させるには強い負荷をかけ、しっかりと回復させることが重要です。

そのため、毎日出来るようなトレーニングでは効果が薄いと言えるでしょう。

  

  

②BIG3をやるのが最も重要

BIG3と呼ばれる“ベンチプレス”、“デッドリフト”、“スクワット”は確かに多くの筋群を使用する良いトレーニング種目ではありますが、この3種目を行ったから全ての目的を満たすということではありません。

特にスクワットとデッドリフトは筋群が被りますので、オーバーワークになりがちですし、そもそもトレーニングとしての難易度が非常に高いです。

目的に合わせてうまく組み込んでいくのが良いでしょう。

  

  

③タンパク質ばかりを摂る

タンパク質ばかり摂ると、アミノ酸をエネルギーにするエネルギー経路が優位になってしまい、アミノ酸を取り出すための筋肉が分解されてしまいやすくなる可能性があります。

なので、ダイエットを目的とする人の場合は体のエネルギーとなる糖質か脂質のいずれかを減らすことを意識しましょう!

逆に増量したい人は糖質も脂質も十分に摂った上で、一定量のタンパク質を摂取するようにしましょう!

  

 

いかがだったでしょうか?

トレーニングをしている人に部分的に情報を教えてもらい間違った認識をしていたりしていないでしょうか?

きちんとした知識のあるトレーナーなどの情報は信用性が高いと思いますが、人から聞いた話を全て鵜呑みにせずに正しい知識を取り入れましょう。

  

パーソナルトレーニングジム YBM-clubでは毎週火、木、土曜日に

ダイエットや健康に関する情報をお届けしておりますので、ぜひお役立てください。

体験トレーニングのお申し込みはこちら

Instagramのフォローもお願いします。

今回はトレーニングにおけるNG行為についてお話していきます!!

関連記事

  1. トレーニングって全身やるある必要あるの?

  2. トレーニングメニューは変える必要があるのか?

  3. コーヒーでダイエット効果が上がる?!カフェインと筋トレの関係…

  4. 自転車通勤はトレーニングになるのか?

  5. 今更だけど、インナーマッスルって何?

  6. 忙しい人のための超効率的トレーニング法!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。