//自社サイトのタグの設置//

モデルもやってる自宅で出来る内ももトレーニング!


こんにちは、トレーナーの雄太です。

今回はモデルさんが実際に自宅でやっている2つの内もも引き締めトレーニングを紹介します!!

モデルの人って立ってるだけで美しいですよね!

私の後輩にもモデルをやってる女性がいますが、日々努力してます。

と言っても、ハードなトレーニングをやったり、エステに通ったりというわけではありません。

ほんの少しの努力を継続させているだけです。

まぁ、この“継続する”って事がなかなか難しい訳ですが。

しかし、このほんの少しの努力もやり方を間違ったり、効率的でなかったりするとなかなか効果が現れないので、今回はモデルさんが実際にやっている内もも引き締めトレーニングをご紹介します。

  

美脚への第一歩!O脚を治そう!

そもそもO脚とは?

世の中の女性は、O脚が多い!!

O脚とは膝が外側に広がっていて、立った時に踵(かかと)と爪先をくっつけると膝の間が広がってしまい、“O”の形になっている脚の形です。

皆さん、靴底を見てください。

靴底が斜めにすり減ってないですか?

靴底の外側ばかりがすり減っている人は間違いなくO脚でしょう。

逆に膝が内側に寄っていて、膝をくっつけると足の踵と爪先がくっつかない人は脚の形が“X”になっているX脚です。

 

O脚になる原因とは?

O脚の人のほとんどは「立ち姿勢が悪い」か、「歩き方が悪い」のいずれかに当てはまります。

O脚の人は内転筋群と呼ばれるももの内側の筋肉が弱いです。

そのため、立っている時は足の裏の外側に体重が掛かっているため、膝が外側へ張ってしまっている状態になってしまいます。

また本来は足の親指の付け根で床を蹴る様に歩くのですが、歩き方が悪い人はほとんど床を蹴らずに歩いています。

これらが原因でももの内側の筋肉が衰え、膝の外側へ荷重がかかり、膝が外側へ広がってしまうのです。

  

O脚の直し方!

ではO脚の矯正方法についてご説明します!

まず、ももの内側の筋肉である内転筋をトレーニングしましょう!

O脚が治るだけでなく、脚が引き締まり、美脚へとなっていくでしょう!!

  

内腿引き締めトレーニング その1

仰向けになって足を揃え、斜め45度に浮かせます。
ここから膝を曲げ伸ばしするのですが、膝を曲げる時にカエル足の様に踵をくっ付けたまま膝を開き、足を伸ばす時に内ももに力をいれて、内ももを絞るように伸ばします。

これをゆっくり20回程度行いましょう!

  

内腿引き締めトレーニング その2

まず座った状態で足を少し開いて膝を三角に立てます。
ここから右手で左膝を、左手で右膝を外側へ押します。
この時に手の力に逆らう様に内ももに力をいれて、膝を絞る様に閉じます。

「力を入れる」と「力を抜く」をゆっくり10回繰り返しましょう!

 

いかがだったでしょうか?

うまくできなかったり、キツかった人はO脚もしくはその予備軍でしょう。

これをきっかけに足のゆがみを治し、美脚になっちゃいましょう!!

 

 また、このトレーニングは足のゆがみを矯正するだけではなく、ももの内側を鍛えることにより、足の引き締め効果もあります。

これはやらないわけにはいきませんね!

  

パーソナルトレーニングジム YBM-clubではブログにてダイエットや健康に関する情報をお届けしておりますので、

ぜひお役立てください⭐️

体験トレーニングのお申し込みはこちら

Instagramも毎日アップしてますので、フォローお願いします😊

関連記事

  1. ストレッチの効果とポイント

  2. 筋肉痛を早く回復させるコツ!

  3. トレーニング前の入念なストレッチは逆効果?

  4. 初めての人のパーソナルジムの選び方!ジム選びの10のポイント…

  5. 身体に最も良いものは〇〇!ダイエットや美容にも効果絶大!!

  6. 継続は力なり!継続するために必要なのは〇〇の作成!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。