//自社サイトのタグの設置//

平均血圧は適正ですか!?

あなたの平均血圧は適正ですか!?

  

こんにちは、新しくYBM -clubトレーナーとなりました岩井でございます。

以後、お見知りおきください。

今回は血圧についてお話していきます!

皆さん自分の平均血圧がどれぐらいか知っていますでしょうか?

よく高血圧であったり、上がどれだけ、下がどれだけと話が飛び交うことがありますが今一度ご説明をしたいと思います!

(血圧とは?血管の中を血液が流れるために必要な圧力のこと。

簡単に説明すると私たち人間の身体は、心臓を起点に身体に血液を送り出しており、心臓がポンプの役割をしています。よく心臓に手を当てるとドクンドクンしていませんか?まさしくその動きが血液を身体に送り出している証拠です。心臓はポンプの働き(収縮と拡張)するためその際にかかる圧力を定量的に表したものが平均圧力です。上というのは、心臓が収縮した時の気圧で最高血圧と言います。(正式名称:収縮期血圧)下は心臓が拡張した時の血圧で最低血圧と言います。(正式名称:拡張期血圧)

俗に言う高血圧と言うのは、最高血圧と最低血圧の数値が平均より高い数値になっていることです。

(上)最高血圧 140以上  (下)最低血圧 90以上

高血圧になるとどうなるのか?

  • 動脈が硬くなる。(動脈硬化)
  • 血管が弾力性を失い、血管の内腔が狭くなる。
  • コレステロールなどの脂質が血管内に溜まりやすくなる。

高血圧状態が続くと、動脈の壁に負担がかかって確実に動脈硬化を進行させ、狭心病や心筋梗塞などの心疾患、脳出血や脳梗塞などの脳血管疾患のリスクを高めてしまいます。

高血圧はもともとなりやすい体質もありますが、基本は以下の7点が大きな原因が多いです。

  • 塩分の摂り過ぎ(食塩過剰摂取)
  • 精神的ストレス
  • 肥満
  • 運動不足
  • お酒の飲み過ぎ(過剰な飲酒)
  • タバコ
  • 脂質の取り過ぎ(脂質の過剰摂取)

どうでしょうか?

こちらを見た時にドキッ!となった方もいらっしゃるかもしれません。

今ドキッとした方は適正血圧を保つ心がけをしていかなければいけません!

血圧は日頃の生活習慣を変えるだけで数値も変わってきます。

次回のブログでは平均血圧を適正に保つための習慣をお伝えしたいと思います!

パーソナルトレーニングジム YBM-clubではブログにてダイエットや健康に関する情報をお届けしておりますので、

ぜひお役立てください⭐️

体験トレーニングのお申し込みはこちら

Instagramも毎日アップしてますので、フォローお願いします😊

関連記事

  1. トレーナーがどんどんトレーニングの内容をキツくするのは嫌がら…

  2. フィットネスの3つの基礎知識

  3. フリーウェイトの4メリット

  4. トレーニングメニューってどうやって作るの?

  5. 筋トレと頭痛の関係性

  6. 忙しい人のための超効率的トレーニング法!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。